美容師が独立開業するタイミングや時期の見極め方

手に職を就ける美容師なら一度は誰もが考える独立開業ですが、
どのタイミングで始めたらベストなのでしょうか?
「美容師が独立開業するタイミングや時期の見極め方」
お伝えして参ります。

自分がやる!と決めた時

先に結論を言いますと、
自分で「さあ、これから開業するぞ!」て時になりそうです。

勿論それで明日から開業て訳には行きませんが、
独立開業に向けての行動を取るタイミングにはベストですよね!
一番気持ちが盛り上がっている時に
すぐにでも行動しないと、
前に進む力、勢いがなくなりそうです。


独立開業のタイミングを図って、
グズグズと時期を待っていたとしても、
失敗する可能性が高くなるだけの様です。

【失敗する確率が上がる理由】

①独立開業のタイミングを図っている間に、
ライバル店はどんどん先に進んでしまう。

②新規参入ライバルも増えていき良い立地も先取りされる結果、
先にお客様を確保されて段々と不利になってしまう。

③実際に独立開業してみないとわからない事、気づかない事が沢山あるので
やる前にいくら勉強に時間を費やしても時間のムダだったりします。

独立開業するべき理由や動機

この独立開業の理由や動機が自分の中でちゃんと無いのなら
まだそのタイミングでは無いように思います。

なんと無~くで始めても良いのでしょうが
それだと独立開業した後が長続きしそうにないですよね。

「世の為、人の為」といった大それた理由が無くても
自分の正直な内側から込み上げてくるものを大事にしたいです。


例えば…
今の現状にチョー不満が有って
「だったら自分でやる!」
と、自分の理想を形にしていく。

グズグズしているそんな自分に気づき
「私は一体何をしているんだ!」
と本気に自分に嫌気を感じて動き出す。
などなど…

理由や動機が強い方が本気で取り組む事になりますので
とても大事な事になってくるでしょう。

事業計画書で現実確認

誰でも独立開業をする為には
まとまった資金が必要になります。

銀行や国から借りる場合、
必ず事業計画書を作成提出しなければなりません。

お金を借りる必要も無く、
自己資金のみでスタートできる場合でも
独立開業をする前に事業計画書を作成する事を強くお勧めします。

事業計画書を作成する事は、
ぼんやりとしたイメージだけだったモノが
明文化する事によって全てが具体的になって行きます。

事業計画書を作成する事で現実確認となり
自分が何に取り組まなければならないのかが浮き彫りになってきます。


独立開業の為に
自分が何に取り組まなければならないかが分かれば
そのタイミングや時期も見えてくる事になりそうですよね。

まとめ

「美容師が独立開業するタイミングや時期の見極め方」でしたが、
やはり独立開業に向けてのアクションは思い立ったら吉日の様です。
つまり「今」ということになります。

その為にも事業計画書を直ぐに作成して現実確認し
今の自分の行動にフォーカスしましょう。

小さなことからでも、行動に移してみることが大事です。
まずは、第一歩を踏み出しましょう。

アナイ ヤスヒコ『時短ヘアカットコンサルタント』 穴井 保彦

投稿者の過去記事

1975年5月23日生まれ 福岡県大野城市出身 株式会社ちょっとグループ代表取締役社長

1ヶ月で大学を辞めてコレだ!との決意で美容師の道を志す。23歳でスタイリストデビューし、熊本市内の有名サロンで店長をしながらJPA日本パーマ協会のコンテストに挑み、最優秀賞を受賞。美容師を続けていたがあまりの収入の少なさに不満を感じ、副業として夜の弁当工場でアルバイトを始める。睡眠時間3時間の生活を1年半続けるが、体調を壊して転職を決意。当時小さかった子供の成長と将来への漠然とした不安を払拭したく、業界最大手カット専門店に入社し、3年間店長として業績不振店舗を任され、6ヶ月連続昨年対比110%売上アップのV字回復を成し遂げる。その後カット専門店のノウハウを生かし、筑紫野市JR二日市駅前でカット専門店を1人で開業し3年間無休で営業する。現在は、毎年前年度売上アップをオープンから現在まで9年連続更新中!なお、2年前からヘアカラー部門を同店舗内に設置し5名のスタッフで営業中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


株式会社ちょっとグループ代表取締役社長 穴井保彦
建築士を目指して、工業大学へ入学するが、一ヶ月後にコレだ!との思いで美容師としての道を歩むスタイリストデビュー後、店長職を各店舗で経験する。しかし妻、子供のいる環境では給料が足りなく深夜の弁当工場でアルバイト、睡眠時間3時間の生活が1年半続くが体調を壊し美容師を諦めるが、大手カット専門店に入り3年後にカット専門店を1人開業する。現在は、店内にカラー専門店を立ち上げスタッフ5名と営業している。

PAGE TOP