美容師と理容師では、一体何が違うの?

私は美容免許取得者の美容師であり、
カット専門店を開業しているのですが
時々お客さんから尋ねられる事が有ります。

「あなたは美容師さん?理容師さん?」
と…、特に年配のお客さんからなのですが、
「美容師ですよ~」
と、答えると
「やっぱりね~」
といった返事が返ってきます。

お客さんは、仕事振りで何かわかるのでしょうか?

で、今回は改めて
美容師と理容師の違いについてお伝えしていこうと思います。

仕事内容による違い

美容師免許なのか?理容師免許なのか?
免許の違い事によって仕事内容に
出来る出来ないが有ります。


一般的に大きな違いとして、よく知られているのは、
理容師には顔剃りが認められているが、
美容師は顔剃りをすることは原則認められていないって事。

法令より厳密に言うと…
美容師はパーマや着付けが出来て、理容師はパーマは出来なかったり
美容師は男性のカットのみの場合は、やっちゃいけなかったりするようです。

そんな法律だったなんて驚きですよね(笑)

でも、実際の現場では
「美容室で男性のカットのみ」や「理容室での女性のパーマ」も
普通に行われてますよね。

昔のような「男性は理容室で、女性は美容室」という縛りの様なイメージは
うすれていくのでしょう。

カット技術や作るヘアスタイルの違い

私は、カット専門店を開業する前に
大手カット専門チェーン店に3年勤めていたのですが、
その時期に初めて理容師の仕事(カット)をまじまじと見る事ができました。
そこで私が感じた事を元にして記しております。
勿論、その方の経歴や経験にもよりますし
私の主観も入りますが…

【美容師は】
・女性客に多く当たっているので
長い髪の扱いやカットに慣れています。
・梳き鋏やスライドカットにより
柔らかいテイストのスタイルが得意です。

【理容師は】
・男性客に多く当たっているので
バリカンを使った短髪に慣れています。
・バリカンや直鋏により面のある
カチッとしたスタイルが得意です。


といった違いを感じております。

美容師と理容師で性格が違うのか!?

これは、完全に私の主観ですが、

美容師は競争心が強いせいか、少しとがっている所があって
鋭い感性を持ち柔軟だけどプライドやこだわりが強い感じです。

理容師は協調性が強いせいか、フレンドリーでゆるい感じです。
とてもユーモアラスで包容力があり楽天的です。


性格はそれぞれで、個々によって違っている事が当然なのですが、
個人的に、なんとな~く感じている事なので深読みしないでください(笑)

どちらにしても仕事に対するプロ意識は
美容師も理容師もそれぞれ持っているようです。

自分の腕一つでお客さんにに喜んで頂き
ご飯を食べていかなくてはならないので
仕事熱を持っていて当然ですよね。

まとめ

美容師と理容師の違いを独自の視点からお伝えして参りましたが
いかがでしたでしょうか?
同じ髪の毛を切る仕事でも免許の違いで細かな所が変わってきますね!

私のようなカット専門店でやって行くのなら
美容師・理容師に関わらずある程度幅広い客層に対応できる技術が必要でしょう。


美容師も理容師も良い所を受け入れて
仕事に誇りを持ち前に進んで参りましょう。

アナイ ヤスヒコ『時短ヘアカットコンサルタント』 穴井 保彦

投稿者の過去記事

1975年5月23日生まれ 福岡県大野城市出身 株式会社ちょっとグループ代表取締役社長

1ヶ月で大学を辞めてコレだ!との決意で美容師の道を志す。23歳でスタイリストデビューし、熊本市内の有名サロンで店長をしながらJPA日本パーマ協会のコンテストに挑み、最優秀賞を受賞。美容師を続けていたがあまりの収入の少なさに不満を感じ、副業として夜の弁当工場でアルバイトを始める。睡眠時間3時間の生活を1年半続けるが、体調を壊して転職を決意。当時小さかった子供の成長と将来への漠然とした不安を払拭したく、業界最大手カット専門店に入社し、3年間店長として業績不振店舗を任され、6ヶ月連続昨年対比110%売上アップのV字回復を成し遂げる。その後カット専門店のノウハウを生かし、筑紫野市JR二日市駅前でカット専門店を1人で開業し3年間無休で営業する。現在は、毎年前年度売上アップをオープンから現在まで9年連続更新中!なお、2年前からヘアカラー部門を同店舗内に設置し5名のスタッフで営業中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


株式会社ちょっとグループ代表取締役社長 穴井保彦
建築士を目指して、工業大学へ入学するが、一ヶ月後にコレだ!との思いで美容師としての道を歩むスタイリストデビュー後、店長職を各店舗で経験する。しかし妻、子供のいる環境では給料が足りなく深夜の弁当工場でアルバイト、睡眠時間3時間の生活が1年半続くが体調を壊し美容師を諦めるが、大手カット専門店に入り3年後にカット専門店を1人開業する。現在は、店内にカラー専門店を立ち上げスタッフ5名と営業している。

PAGE TOP