「美容師が向いていない」と感じているあなたへ…

私は、美容師の道を選んで25年程になりますが、
振り返ってみると私も
「美容師に向いていないな~」「美容師辞めた方がいいのかな~」
なんて思った時期もありました。


そんな時、私はどのように考えて、
何をして今までやってこれたのでしょうか?

夢や希望を持つ

夢や希望とは…?
あなたを引き上げてくれるモノです。

現実にさらされて、自分の夢や希望を忘れていませんか?
美容師の道を選んだ時の初心を思い出してください。


自分の成長や向上に繋がるモノが有るかどうかは大事です。
気持ちさえ有ればやり切れる!
その、気持ちをどうやって維持できるかどうかなのです。

それが、自分の中に夢や希望を持ち
どんな時でも美容師としての明るい未来を想像し続け、
どんなことがあってもくじけない精神力やマインドは、
必ず必要になります。


その為にも、もう一度初心を振り返ってみてください。

楽しみを見いだす事

美容師の仕事には、
やりたくない事もやらないといけない時が有ります。

私の場合、
休みの日のモデルハントや外でのチラシ配りなどでしたが…
そんな、一般的な美容師の仕事とはかけ離れたことをやっている時
「何故、私がこんなことやらなくてはいけないのか?」
と、時々思ったりもしていました。

しかし、それはその時必要なことであって、
その仕事を嫌々するのではなく
その仕事の中から楽しみを見出すのです。


そういった自分の中での捉え方や工夫をしていくのです。

どの様な仕事でも後々意味のあるモノとして
生かされる時が来ると私は思います。

どんな仕事でも
「楽しみを見出す」事をしてみてはどうでしょうか?

柔軟な発想

私が美容師になった頃と違って
今は、美容師の働き方も多岐にわたって選択できます。

私は、「海沿いに立つオシャレな美容室で独立したい」
といった夢をもって美容師として仕事をしていたのですが
理想とは違う、カット専門店に勤めてから
「カット専門店で独立してみよう!」
と考えを変えたのです。

そのように、美容師としての生き方は1つでは無いのです。
しかし、意外とそこに気づけずに、

1つの考えに凝り固まってしまいます。

広い視点と、柔軟な発想で
美容師として生きる道を考えてみるのも良さそうですね。

まとめ

ハッキリ言って、美容師の仕事に向き不向きなんてありません。
初めの頃は何だって大変です。
やった事ないことに取り組んでいくのですから…


せっかく美容師として歩き出し進んできたのだから
柔軟な発想で、
楽しみながら夢や希望に向かって、
淡々と歩んでまいりましょう。

明るい未来を信じて…。

アナイ ヤスヒコ『時短ヘアカットコンサルタント』 穴井 保彦

投稿者の過去記事

1975年5月23日生まれ 福岡県大野城市出身 株式会社ちょっとグループ代表取締役社長

1ヶ月で大学を辞めてコレだ!との決意で美容師の道を志す。23歳でスタイリストデビューし、熊本市内の有名サロンで店長をしながらJPA日本パーマ協会のコンテストに挑み、最優秀賞を受賞。美容師を続けていたがあまりの収入の少なさに不満を感じ、副業として夜の弁当工場でアルバイトを始める。睡眠時間3時間の生活を1年半続けるが、体調を壊して転職を決意。当時小さかった子供の成長と将来への漠然とした不安を払拭したく、業界最大手カット専門店に入社し、3年間店長として業績不振店舗を任され、6ヶ月連続昨年対比110%売上アップのV字回復を成し遂げる。その後カット専門店のノウハウを生かし、筑紫野市JR二日市駅前でカット専門店を1人で開業し3年間無休で営業する。現在は、毎年前年度売上アップをオープンから現在まで9年連続更新中!なお、2年前からヘアカラー部門を同店舗内に設置し5名のスタッフで営業中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


株式会社ちょっとグループ代表取締役社長 穴井保彦
建築士を目指して、工業大学へ入学するが、一ヶ月後にコレだ!との思いで美容師としての道を歩むスタイリストデビュー後、店長職を各店舗で経験する。しかし妻、子供のいる環境では給料が足りなく深夜の弁当工場でアルバイト、睡眠時間3時間の生活が1年半続くが体調を壊し美容師を諦めるが、大手カット専門店に入り3年後にカット専門店を1人開業する。現在は、店内にカラー専門店を立ち上げスタッフ5名と営業している。

PAGE TOP