勤めているサロンを辞める前にやっておくこと!

私も実際に独立する前は、数店舗のサロンや会社に勤めていました。

勤めていた頃にぼんやり
「自分のお店をもちたい!」
と思い描くようになった訳ですが、

独立開業を考えている人で、
今勤めている“サロンや会社でやっておいた方がいいこと”
いくつか紹介いたします。

あなたがサロンを辞める理由は何ですか?

ただ単に今のサロンのやり方や人間関係や給料に対する不満が理由で
今勤めているサロンを辞めて独立するのは、オススメ出来ません。

勿論自分の内側から込み上げてくるモノに対する動機も大事にしたい所ですが、
その為だけの理由なら再就職先を変えれば良いだけの事です。

独立や開業をしたいなら新たな挑戦になるので、
「チャレンジ精神」「チャレンジすること」そのものが好きになれないと難しいでしょう。

「収入とは何なのか?」を忘れてはいけない!

これは、実際に独立しないと理解できない部分もあるでしょうが、
勤めている時は当然のように毎月お給料を頂きますよね。

会社の売上や個人の成績が良くても悪くても基本給は保証されているのです。

ちなみに、
・パートタイム…「時間=収入」
・社員…「基本給+歩合=収入」
・独立したら…「売上=収入」

となり、いざ独立開業すると「その日の売上=収入」となり自分が売上た分が生活費となります。

その日の食卓にどんな料理が並ぶのかが左右するのです。(笑)
その現実を忘れないでいましょう。

メンターを見つけよう!

メンターとは…
心のよりどころとでも言いましょうか?
励みになる言葉を頂いたり、それでやる気が上がったり、時に厳しく喝を頂いたりと自分を引き上げて頂ける存在です。

そんな人がポンポンと現れるものではありませんが、
自身が望んでいる事に進んで行動していれば
必ず現れて来るものだと思っています。


そういったメンターに出会うとビジネスが、人生が、劇的に変わります。
そういった存在であるメンターをなるべく早く見つけて加速したいですね!

「勤めているサロンを辞める前にやっておくこと!」のまとめ

勤めているサロンを辞める前にやっておくこと…を紹介して参りましたが、
これは、まだまだほんの一部で実際に独立開業してみないと分からない事、気づけない事がドンドン出てきます。

全てを独立開業前に、
今勤めているサロンを辞める前に、

やり尽くすことは不可能ですよね!

なので…
その事も踏まえて、時期が来たらさあ~旅立ちましょう!

アナイ ヤスヒコ『時短ヘアカットコンサルタント』 穴井 保彦

投稿者の過去記事

1975年5月23日生まれ 福岡県大野城市出身 株式会社ちょっとグループ代表取締役社長

1ヶ月で大学を辞めてコレだ!との決意で美容師の道を志す。23歳でスタイリストデビューし、熊本市内の有名サロンで店長をしながらJPA日本パーマ協会のコンテストに挑み、最優秀賞を受賞。美容師を続けていたがあまりの収入の少なさに不満を感じ、副業として夜の弁当工場でアルバイトを始める。睡眠時間3時間の生活を1年半続けるが、体調を壊して転職を決意。当時小さかった子供の成長と将来への漠然とした不安を払拭したく、業界最大手カット専門店に入社し、3年間店長として業績不振店舗を任され、6ヶ月連続昨年対比110%売上アップのV字回復を成し遂げる。その後カット専門店のノウハウを生かし、筑紫野市JR二日市駅前でカット専門店を1人で開業し3年間無休で営業する。現在は、毎年前年度売上アップをオープンから現在まで9年連続更新中!なお、2年前からヘアカラー部門を同店舗内に設置し5名のスタッフで営業中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


株式会社ちょっとグループ代表取締役社長 穴井保彦
建築士を目指して、工業大学へ入学するが、一ヶ月後にコレだ!との思いで美容師としての道を歩むスタイリストデビュー後、店長職を各店舗で経験する。しかし妻、子供のいる環境では給料が足りなく深夜の弁当工場でアルバイト、睡眠時間3時間の生活が1年半続くが体調を壊し美容師を諦めるが、大手カット専門店に入り3年後にカット専門店を1人開業する。現在は、店内にカラー専門店を立ち上げスタッフ5名と営業している。

PAGE TOP