美容師が売上や給料を上げる為に…来店頻度も意識しよう!

調べによると…
美容師30代の平均給料は25万円前後のようですが、
もちろん基本給+歩合制でしょうから、
指名客の数や個人売上額によって大きく変わるようです。

美容師がお給料を沢山もらうためにも
個人売上を上げる必要があるようです。

売上=客数×単価×来店頻度

なので…来店頻度の高いお客さんを増やす事も
意識しておきたい所の1つです。

で、ヘアカットの頻度って人それぞれですよね~ 
1年に1回と言う方もいれば
1ヶ月や2ヶ月に1回…
中には月に2回と言うお客さんもいらっしゃいます。

では、何が違うのでしょう?

あくまでも、来店頻度と言う観点からですが、
お客さん別で見てみましょう。

美容師の売上の大半が女性客からの場合

通常の美容室に勤めている美容師さんなら
売上の大半は女性客からになりますよね。

基本的に女性のお客さんって髪が長いので、
そんなに頻繁にカットしなくても変わらない訳です。
ま、髪の量が特別多い方なんかは、
毎月毛先揃えて毛量をすいてもらいたいようなんだけど、
基本的にそう切らないですよね。

・ロングヘアのお客さんで…3、4ヶ月
・肩位のミディアムヘアのお客さんで…2、3ヶ月
・ショートヘアのお客さんで…1、2ヶ月
・ベリーショートのお客さんで…1ヶ月以内

て、所でしょうか!?

美容師の売上の大半が男性客からの場合

カット専門店に勤めている美容師さんなら
売上の大半は男性客からになります。

先日、私のカット専門店の常連の男性客が言ってました。
「オ~やっぱり刈り上げって気持ち良か~!最高やね~!」
って、良く分かります。
バリカンでの刈り上げって短いほど癖になるんです。
そのお客さんは、毎回4ミリのバリカンで横・後ろと刈り上げているのですが、来店頻度は2週間に1回なですね~

比較的、バリカンで刈り上げるスタイルのお客さんの方が
圧倒的に来店頻度が多く 1ヶ月以内にはカットします。

特にバリカンの4ミリ以下の刈り上げを毎回指定されるお客さんは
だいたい20日以内で、ご来店されます。(笑)

やっぱり短いと爽やかで、男らしさの象徴なのでしょうか?

美容師の売上の大半がショート・ベリーショートのお客さんからの場合

髪が短いスタイルの方は、
ちょっと伸びると気になるようで、
男女関係なくカット頻度は多いようです。

特に耳回りをスッキリ出すスタイルの男性客なんかは、
耳に髪の毛があたって気になって仕方がないようですね。

まとめ

  1. バリカンの入ったヘアスタイル
  2. ショート又はベリーショートのヘアスタイル
  3. 自分のカット周期をキッチリ守ってカット来店されるお客さん

男性客、女性客関係なく、
でできるだけ短いヘアスタイルを好む方で
キッチリした几帳面なお客さんのタイプの方が
来店頻度が多いお客さんと思われますね!

通常の美容室とカット専門店だと客層も違いますが、
美容師が売上や給料を上げる為の1つの要因「来店頻度」

売上だけを見るのではなく、
来店頻度も意識して見てみるのも良いのかもしれませんね。

アナイ ヤスヒコ『時短ヘアカットコンサルタント』 穴井 保彦

投稿者の過去記事

1975年5月23日生まれ 福岡県大野城市出身 株式会社ちょっとグループ代表取締役社長

1ヶ月で大学を辞めてコレだ!との決意で美容師の道を志す。23歳でスタイリストデビューし、熊本市内の有名サロンで店長をしながらJPA日本パーマ協会のコンテストに挑み、最優秀賞を受賞。美容師を続けていたがあまりの収入の少なさに不満を感じ、副業として夜の弁当工場でアルバイトを始める。睡眠時間3時間の生活を1年半続けるが、体調を壊して転職を決意。当時小さかった子供の成長と将来への漠然とした不安を払拭したく、業界最大手カット専門店に入社し、3年間店長として業績不振店舗を任され、6ヶ月連続昨年対比110%売上アップのV字回復を成し遂げる。その後カット専門店のノウハウを生かし、筑紫野市JR二日市駅前でカット専門店を1人で開業し3年間無休で営業する。現在は、毎年前年度売上アップをオープンから現在まで9年連続更新中!なお、2年前からヘアカラー部門を同店舗内に設置し5名のスタッフで営業中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


株式会社ちょっとグループ代表取締役社長 穴井保彦
建築士を目指して、工業大学へ入学するが、一ヶ月後にコレだ!との思いで美容師としての道を歩むスタイリストデビュー後、店長職を各店舗で経験する。しかし妻、子供のいる環境では給料が足りなく深夜の弁当工場でアルバイト、睡眠時間3時間の生活が1年半続くが体調を壊し美容師を諦めるが、大手カット専門店に入り3年後にカット専門店を1人開業する。現在は、店内にカラー専門店を立ち上げスタッフ5名と営業している。

PAGE TOP